yorozu

萬 伸一

量子コンピュータ研究センター 副センター長
センター長室 室長

研究概要

政府の量子技術イノベーション戦略に基づき、量子技術の基礎研究から社会実装まで取り組む国内8つの量子技術イノベーション拠点と、その取りまとめを行う中核組織が理研に設置されました。この中核組織の運営、さらに文部科学省光・量子飛躍フラッグシッププログラム(Q-LEAP)の量子情報処理分野のヘッドクォーターとして量子技術の発展に向けた研究推進活動を行っています。また、内閣府の「ムーンショット研究開発プログラム」の課題6の課題推進者のひとりとして、量子エラー耐性のある量子コンピュータのための将来の超伝導集積システムの研究開発に取り組んでいます。

主な研究テーマ

・超伝導量子コンピュータの集積システム研究

代表的な研究成果

1)Y. Iwasaki, R. Sawada, V. Stanev, M. Ishida, A. Kirihara, Y. Omori, H. Someya, I. Takeuchi, E.
Saitoh, S. Yorozu, Identification of advanced spin-driven thermoelectric materials via
nterpretable machine learning, npj Computational Materials volume 5, Article number: 103
(2019)

2)A. Kirihara, M. Ishida, R. Yuge, K. Ihara, Y. Iwasaki, R. Sawada, H. Someya, R. Iguchi, K. Uchida, E.
Saitoh, S. Yorozu, Annealing-temperature-dependent voltage-sign reversal in all-oxide spin
Seebeck devices using RuO2, 2018 J. Phys. D: Appl. Phys. 51 154002

3) K. Uchida, H. Adachi, T. Kikkawa, A. Kirihara, M. Ishida, S. Yorozu, S. Maekawa, E. Saitoh,
hermoelectric Generation Based on Spin Seebeck Effects, Proceedings of the IEEE ( Volume:
104, Issue: 10, Oct. 2016 ) 1946 – 1973

4) K. Takemoto, Y. Nambu, T. Miyazawa, Y. Sakuma, T. Yamamoto, S. Yorozu, Y. Arakawa, Quantum
key distribution over 120 km using ultrahigh purity single-photon source and superconducting
ingle-photon detectors, Scientific Reports 5, Article number: 14383 (2015)

5) A. Kirihara, K. Uchida, Y. Kajiwara, M. Ishida, Y. Nakamura, T. Manako, E. Saitoh, S. Yorozu, Spin-
current-driven thermoelectric coating, Nature Materials, Vol. 11, pp. 686–689 (2012)

 

関連リンク

 Back to top