tarucha

樽茶 清悟

半導体量子情報デバイス研究チーム チームリーダー

研究概要

固体中の量子状態の制御を原理とする量子情報処理の物理と技術の研究を行なっています。具体的には、半導体スピンを用いた量子情報処理の有用性の実証、また、量子コヒーレンスや量子もつれの制御法の開発、革新的な量子情報デバイスの開発、そして新原理の量子情報を提供するトポロジカル粒子制御法の探求をテーマとしています。

主な研究テーマ

・半導体量子コンピュータの誤り訂正閾値を超える量子操作技術の開発
・拡張性のある小中規模コンピュータ回路の構築
・トポロジカル量子計算の物理と技術について

代表的な研究成果

・K. Takeda, A. Noiri, T. Nakajima, J. Yoneda, T. Kobayashi, and S. Tarucha, “Quantum tomography
of an entangled three-qubit state in silicon”, Nat. Nanotechnol. (2021).

・J. Yoneda, K. Takeda, A. Noiri, T. Nakajima, S. Li, J. Kamioka, T. Kodera, and S. Tarucha,
“Quantum non-demolition readout of an electron spin in silicon”, Nature Commun. 11,
1144-1150 (2020).

・T. Nakajima, A. Noiri, J.Yoneda, M.R. Delbecq, P. Stano, T. Otsuka, K. Takeda, S. Amaha, G. Allison,
K. Kawasaki, A. Ludwig, A.D. Wieck, D. Loss, and S. Tarucha “Quantum non-demolition
measurement of an electron spin qubit”, Nature Nanotechnol. 14, 555-560 (2019).

・K. Ueda, S. Matsuo, H. Kamata, S. Baba, Y. Sato, Y. Takeshige, K. Li, S. Jeppesen, L. Samuelson,
Q Xu, and S. Tarucha, “Dominant nonlocal superconducting proximity effect due to electron-
electron interaction in a ballistic double nanowire”, Science Adv. 5, eaaw2194, (2019).

・プレスリリース
「半導体量子ビットの量子非破壊測定に成功」2019.4.16

img_01

図1微小磁石を備えたSi/SiGe三重量子ドット試料の写真。3スピン量子ビットによるもつれを生成。




img_02

図1微小磁石を備えたSi/SiGe三重量子ドット試料の写真。3スピン量子ビットによるもつれを生成。

関連リンク

 Back to top